お仏壇を新しく買い替え
伝統的なお仏壇から現代的なお仏壇
仏壇仏具のまつかわ
お仏壇を買い替える
お仏壇は買い替えていいの?

よく寄せられる質問の一つに「お仏壇は買い替えてもよいのでしょうか?」というものがあります。お仏壇の買い替えは良いことなのか、悪いことなのか、お悩みの方も多いようです。

長い間家族でお参りしてきたお仏壇を買い替えることに問題はありません。

最近のお仏壇を買い替える多くの場合は、今とあまり変わらない大きさのお仏壇への買い替え又は小さなお仏壇への買い替えが考えられます。

部屋のインテリアなどに合わせたお仏壇への買い替えが多くなっていますが、お仏壇を購入することは家の新築と同じようなお祝いごとでもありますので、良いこととされています。

お気軽にお電話でご連絡ください
0776-27-5538 0776-27-5538
9:00~19:30

仏壇仏具のまつかわ

おすすめ仏壇

01.

popular

桜浪漫

そのすべてを国内の匠が作り上げる上質な純国産型の唐木仏壇です。彫刻装飾、障子の沙、裏金には桜の意匠を散りばめ、重厚な中にも可憐で華やかな雰囲気を醸し出しています。紫丹系、本黒丹、本欅の3つの材種からお選びいただけます。

SiGN_2021-03-24-1604

02.

popular

名残雪

白く輝くシカモアの高級感とやさしいみかげ塗りの表情で、優雅な美しさが漂います。祈りの場を明るく際立たせてくれるお仏壇になりました。前面全体を「みかげ塗り」仕様にしています。すばらしい輝き、色にしあがっており、インテリア的にもすばらしいお仏壇です。

扉が閉まっているときはまったくお仏壇だと思わせません。

SiGN_2021-11-04-1521

03.

popular

長安Ⅱ

彫刻装飾、障子の沙、そのすべてを国内の匠が作り上げる上質な純国産型の唐木仏壇です。下台経机式で機能面も充実 下台はお祀りに便利な経机式になっています。 また、収納機能も充実していますので 使い勝手がいいお仏壇です。

SiGN_2021-11-04-1532

お仏壇買い替えの流れ

  • STEP
    01

    お問い合わせ

    まずは電話またはメールでお問い合わせ下さい。

    お客様の今お仏壇がある環境、お仏壇のサイズなどの情報をお聞きします。

    22092944_m
  • STEP
    02

    ご来店

    店頭に買い替えるにはぴったりな現代風の色彩豊かな仏壇が揃っております。仏具も一緒に飾っておりますのでイメージがしやすいと思います。

    見積もりもこの際にお出しができます。

    カタログのお渡しもできますので一度、自宅へ持ち帰り家族と話し合ってください。

    5112530_m
  • STEP
    03

    閉眼供養

    お仏壇の納品日か決まりましたら、「魂抜き(たましいぬき)」をする必要があります。魂抜きは「性根抜き(しょうねぬき)」「閉眼供養(へいがんくよう)」とも呼ばれています。

    この法要は菩提寺さまにお願いをします。

    仏様やご先祖様の魂が宿られたままの仏壇を処分してしまうことは仏教では禁忌・タブーとされているため、古い仏壇を処分する前に必ず魂抜きを行います。

    寺11_800px
  • STEP
    04

    購入・納品、引き取り

    再度、来店又はお電話をしてもらい、気に入ったお仏壇、商品をお知らせください。

    お客様の予定に合わせて納品なります。

    納品の際に古いお仏壇を引き取らせていただきます。

    仏壇を購入したらまず「魂入れ(たましいいれ)」を行います。魂入れは「性根入れ(しょうねいれ)」「開眼供養(かいげんくよう)」とも呼ばれます。魂を入れてもらった仏壇には、仏様やご先祖様の魂が宿るとされています。

    3780091_m
お気軽にお電話でご連絡ください
0776-27-5538 0776-27-5538
9:00~19:30
Access

初めての方でも相談しやすいアットホームな雰囲気でお待ちしております

概要

店舗名 仏壇仏具のまつかわ
住所 福井県福井市新田塚1-87-13
電話番号 0776-27-5538
営業時間 9:00~19:30
定休日 不定休

アクセス

店頭では、実際の商品や仏具のコーディネイト例を展示しておりますので、参考にしていただきながら気軽にスタッフに相談ができます。また、製造や修復の施工も店頭で行っているので、いつでも様子がご覧いただけます。

SNSもご覧ください

  • homepage
  • shop
  • instagram
  • youtube

仏壇仏具のまつかわ

3つの特徴

01.

良質な木材

お仏壇作りで使用するすべての木材は、現地での保管状態、日本に運ばれてくるまでのすべての手順を確認しています。良質な木材があって初めて品質の良いお仏壇となります。そして、木工製品は製造前の乾燥が一番大切です。どんなに優れた技術を持っていても、最適な含水率の木材を使用しないとゆがみや反りの原因になります。お客様に末永くお仏壇を使っていただくため木材は約1年かけて乾燥したものを使用しています。

IMG_4426

02.

受け継がれてきた技術

当店ではお仏壇に必須な漆塗りをおこなっています。下塗り、中塗り工程を経て、最後の塗りの工程「上塗り」をします。一切のホコリやゴミがつかないように細心の注意を払って塗り上げます。

漆は、漆の木から取れる樹液を精製した塗料で、一本の木から少量しか採取できず大変貴重とされてきました。
また漆液自体、空気中の湿度と結びついて自らが固まる性質を持った生きている塗料で、
その働きを上手にコントロールして乾燥させることが、職人の腕の見せ所です。

IMG_5868

03.

アフターフォローも万全

お仏壇の「めんどくさい」をお手伝い。ご自宅をお掃除するように、お仏壇はご先祖様のお家です。定期的なお掃除が必要です。しかし、「お仏壇のお掃除の仕方がわからい」などの声を聞きます。そこでプロのお仏壇軽掃サービスを受けてみませんか?

IMG_0599
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事